知らない土地って状況が分らないので要注意

先程、クリーニング屋さんに行ってきました。いつも利用している店舗ですが、今日対応していただいたのは見慣れない店員さんでした。ネームプレートの所に初心者マークが付いていたので「初めてなんですか?」と聞いたら「そうなんです。お手伝いで別の店舗から来たんですよ。」と少し不安そうでした。
旦那さんの背広のポッケに社員章が入ったままになっていたので「申し訳ないです。ポッケの中身は出してって言ったのに。」と愚痴っていました。「仕方ないですよ。」というような会話をした後に○○にお勤めなんですね。と会社の話になりました。
店員さんは車通勤。同僚の方に裏道があるからそこを通ると良いと教えてもらったそうなんですが、来る時に小学生が沢山歩いていたので裏道を通るのは恐かったらしく大通りを通ってきたとのことです。私が住んでいる場所は近くに大企業があるので朝のラッシュ時は道路が渋滞する街です。そんなことを知らない店員さんは今日お店に着くのがギリギリだったそうです。直ぐ近くにお店があるのに中々進まない。この原因は何?と思っていたそうなんですが、私との会話で原因がハッキリしたようです。
「お店のオープンに間に合って良かった。次に来る時は裏道を使おう。」とおっしゃっていました。
確かに車の渋滞って状況が分らないと読めないですよね。ストレピア 販売店

知らない土地って状況が分らないので要注意

MX4Dでの映画鑑賞での感想について

先日、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」というイギリスの映画をMX4Dと言う設備を備えた劇場で鑑賞しました。MX4Dとは上映中の映像に連動して観客が座る座席を振動させたり観客に直接風や水滴を吹き付けたりするなど12種類のエフェクトを体感出来る最新の映像設備で、映画鑑賞用と言うよりむしろ遊園地やテーマパーク等のアトラクションに近く、3D映画を超える迫力と臨場感を誇る事から“4D”の名を冠しているのだそうです。
映画の内容は架空の魔法世界を描き大ヒットを収めた「ハリー・ポッター」シリーズの外伝的な作品で、可愛らしい小動物からグロテスクな怪物まで様々な魔法生物が登場し、どれも現実に存在しているかの様に非常にリアルに描かれているのにはかなり驚かされました。それらの映像はMX4Dを介して観ると余計リアルに感じられ、初めて3D映画を観た時よりもはるかに臨場感が高く、観た後の感想は言葉ではうまく表現できないものとなりました。
最新の設備を利用するという事もあり、料金は通常の映画に比べやや高額にはなってしまいますが、これからCG等VFXを多用した映画を楽しむにはMX4Dの介在が欠かせなくなってくるかと思います。個人的にはMX4Dに対応した邦画の登場を期待しています。マユライズ

MX4Dでの映画鑑賞での感想について

子供会のイベントのビーチバレー

先日、子供会からイベントのお知らせがきました。
「ビーチバレー大会」という事で、ちょっと意外でビックリしたのです。
バレーボールなら分かりやすいですよね。なぜよりによってビーチバレー?
そこで私は考えました。私の住む地域は湖があるので湖岸のどこかにビーチバレーコートを設置している場所があるのか?なるほどありえる。
うちの子供はインドア派でどちらかというと本人の自覚はないのですが運動オンチです。
参加するかどうかを聞いたところ、意外にも「やってみたい!」というのでこちらがびっくりでした。
バレーボールでさえルールもよく知らないのにビーチバレーって見たことある?というレベルです。
常日頃「チャレンジすることが大事!」と言い聞かせているのでそれでかもしれませんが、やるというのなら「わかった」と参加することにしました。
本番の試合までの毎週土曜日に練習が小学校の体育館であるということで、1回目の練習にちょっとドキドキしながら行きました。
なにしろ運動オンチなのでチームプレーの競技でみんなの足を引っ張ることになるじゃないか、誰も知っているお友達がいないので疎外感でいやになるんじゃないか、ボールが当たって痛くて泣くんじゃないか。
とか、私の方がドキドキしていました。
体育館に着くともう先に来ている子供達が練習していて、私は重大な発見をしたのです。
ボールがビーチボール!!
それでビーチバレーか!
まぎらわしいったら・・
でも、良かったです。ビーチバレーだと当たっても痛くないし、扱いやすいし、遊び感覚で楽しくできるようです。
運動オンチのうちの子供もビーチバレーを楽しんでいます。スマートレッグ

子供会のイベントのビーチバレー

美めぐり習慣、身体の内側からポッカポカ

女性に結構多い冷え性。私も末端冷え性の一人です。季節とわず手先は冷え冷え。冬になると小指の先とか足先は冷えすぎて感覚がなくなるくらいです。あまりに冷えてるのでお風呂に入るとめちゃくちゃいたくなるほどです。全く冷え性と無縁だったのですが、30代を過ぎる頃には、気がつけば冷え性になってました。原因はわかりませんが、冷え性になってからなのか、生理不順になったり、体調崩すことが増えたり、冬は冬で寒すぎて寝付きが悪かったりともう負のスパイラルでした。

身体が暖まるように、お風呂に浸かったり、ショウガ紅茶を飲んだりしてましたが、何せ私はショウガが好きじゃないので続きませんでした。何かいいものはないか探していると、美めぐり習慣にたどり着いたんです。冷え性にショウガがいいとされてますが、なかなか続かないショウガが錠剤になっており、さらに不足しがちな鉄分も補えるサプリメントだったんです。

美めぐり習慣ならサプリメントなので味も気にせず毎日続けられるので、身体の中からポカポカするのが期待できそうです。継続は力なり。冷え性改善に美めぐり習慣を取り入れながら、自分の生活習慣も見直して相乗作用でよくなるようにがんばります。ダイエット

美めぐり習慣、身体の内側からポッカポカ

息子の愛車はどんな姿になっても宝物

先日、引き出しから勝手にセロテープを持ち出した息子。
「勝手に持っていっちゃだめ」と言いたかったのですが、一生懸命愛車を直している姿を見て、黙っていることにしました。
息子がテープを貼って直そうとしていたのは、全長30センチほどの赤いはしご車です。
たしか息子が1歳の時、お向かいのお兄ちゃんからもらったもの。
それで飽きずに遊び続け、息子はもうすぐ5歳です。

お下がりなので、頂いて来た時から既にミラーが折れていたはしご車。
その内、両方のミラーが折れてなくなり、人を乗せるはしごの上のバスケットが転がり落ち、ついにははしごが車から外れてしまいました。
大人が直しても結局は外れてしまい、はしご車はただのトラックのように後ろに何もない状態になっていました。

もう捨ててもよさそうなのに、ここまで壊れても息子のお気に入りです。
折れているはしごを車に再びつけようと、必死になってテープで止めていました。

どうも上手にできなかったらしく、テープは元の場所にしまわれ、壊れたままのはしご車を走らせて満足している息子。
乱暴に遊んで壊してしまっても、直そうとするところは褒めてやりたいところです。
どんな姿になっても、大事なものは大事なんですね。
これからも、いっぱい遊んで欲しいと思います。デリケートゾーン

息子の愛車はどんな姿になっても宝物